Takming
HomeEnglish簡体中文日本語Tiếng việt

Takming

 

認識―教養教育

徳明財経科技大学教養教育センター

教養教育計画の理念
教養教育は一種の「人格教育(全人)」であり、人としての主体性、そして外在環境を相互に主体性関係を築く、つまり「人間性の目覚め」という教育です。
「專門知識だけでなく、人としてのよき行い、つまり教養のある人を育て上げる」と言った観念を元にして、国家が掲げている「教育に創意、学習に興味」の目標を目指しています。当校の教養教育は、校訓「篤信好学」を趣旨として、「学生本位」という考えで、多種多様な専門知識、倫理道徳の思想と世の中での生き方などを養成することによって、「全人」を育てる教育を進めることがその目的です。
教養教育を通して、学生の良好な人格、正確な世界観、命に対する考え方、独立な判断力、巨視的な視点などを育成して、当校の卒業生を一人ひとり、人格と技術を兼ね備えた人をさせていきます。

教養教育課程の構成図

takming

教養教育課程の設計

21世紀の人類文明とテクノロジーの発展は飛ぶように速いです。知識更新の速度もその変化も急激です。この状況に直面して、スタンフォード大学前校長のケネディー(Donald kennedy)は:「専業技術の生命周期は短くなってきている。学生の思考、分析と整合の能力は、専門科目の能力より更に永く続く。歴史文化及び社会発展に関する知識を高める必要がある。それらの意識で彼らが新しい職場生活と環境を通して自分を位置づけすることができる」と言っていました。ケネディー校長の話をまとめると、二つのポイントがある:一つは学生の思考、分析と整合の能力を鍛えること;もう一つは学生の人文・社会意識を高めることです。これも国内の教養教育の方向、そして当校教養教育課程の設計理念となっています。

当校の教養教育課程は以下のように二つの主題に分かれています。

  1. 品格教育課程
  2. 倫理と礼儀(必修4単位):「孝経」と「礼儀」の二つの科目です。「孝経」を人格教育の基礎として、道徳観を育成します。そして「礼儀」を身につけて、人としても上品な人間に成長します。
  3. 奉仕学習(一)(二)(必修1単位4コマ):ボランティアと社会奉仕という設計で、学習者が認識と体験の学習活動の中で、命の意義を探求して、そして人への思いやりを学びます。
  4. 品格と公民素養(必修2単位):良好な品格及び、社会人に必要かつ重要な理論解析の能力は人生の成功と失敗に影響を与えます。実例見学と実践体験を通して、学習者の良好な品格と公民素養を養成します。
  1. 教養教育課程
  2. 歴史と文化(必修2単位):新旧社会の重要な課題から、多様な認知、分析と問題批判の能力を習得して、さらに社会参入、関心そして社会責任を背負う精神を育成します。
  3. 自然とテクノロジー(必修2単位):学習者を誘導して、自然科学、テクノロジーと環境などの基本知識を認識させます。生活応用と多領域応用科学知識を強化し、そして人間と自然の関係を再考し、それを大事にすることを教えます。
  4. 心理と生活の知恵(必修2単位):学生の健康な心理と積極的な生活態度を養成します。
  5. 文学、哲学と芸術(必修2単位):人文課程の学習を通じて、人類文明の様々な形と過程を認識して、それで生命の質の上昇、審美能力と自己感情の表現力を高めて、高雅な人格を育成します。
  6. 一般教養(必修2単位):多領域、時代性、そして国家政策と社会動向に対する興味、関心を学びます。

(上記の四つの教養課程と異なる。)

履修制度

  1. 品格教育課程は全校一年生から三年生までの必修科目です。

教養教育課程は学年によって必修科目を決めます。そして興味がある科目を選べるために、決まった時間に同シリーズの異なる科目を開設します。

履修制度
教養カリキュラム


四年制(昼間部)17単位

主題

課程

必修単位/履修学年

説明

品格教育

倫理と礼儀

4/1

礼儀と孝経の二つの科目に分かれます。甲、乙組が上下学期にそれぞれ履修します。

奉仕学習(一)

0/1

甲、乙組が上下学期にそれぞれ履修します。

奉仕学習(二)

1/2

品格と公民素養

2/3

教養教育

歴史と文化

2/1

課程の類別によって学年に分けて開設します。各課程に定める科目は当学期の公告に準じます。

自然とテクノロジー

2/2

心理と生活の知恵

2/2

文学哲学と芸術

2/3

一般教養

2/4

四年制(夜間部)16単位

主題

課程

必修単位/履修学年

説明

品格教育

倫理と礼儀

4/1

礼儀と孝経の二つの科目に分かれます。甲、乙組が上下学期にそれぞれ履修します。

品格と公民素養

2/3

甲、乙組が上下学期にそれぞれ履修します。

教養教育

歴史と文化

2/1

課程の類別によって学年に分けてします。各課程に定める科目は当学期の公告に準じます。

自然とテクノロジー

2/2

心理と生活の知恵

2/2

文学哲学と芸術

2/3

一般教養

2/4

二年制(夜間部)   4単位

教養課程

礼儀

2/1

甲、乙組が上下学期にそれぞれ履修します。

一般教養

2/1

各課程に定める科目は当学期の公告に準じます。

二年制(週末コース)   4単位

教養課程

一般教養

4/2

各課程に定める科目は当学期の公告に準じます。

  1. すべての教養課程は一学期に、0~2単位の課程になっています。
  2. 各学科の履修単位数、主題、課程と履修学年などの規定は以上に述べたようになっており、学生は修業年限中に定められた単位数と課程を履修しないと卒業できません。

朱介國
TEL:+886-2-2658-5801#2790、2791
E-mail:0813hsueh@takming.edu.tw
TEL: +886-2-2658-5801 No.56, Sec.1, Huanshan Rd., Neihu District,Taipei City, Taiwan 11451, R.O.C.
Copyright © 2011 Takming University of Science and Technology . All Rights Reserved.