Takming
HomeEnglish簡体中文日本語Tiếng việt

Takming

 

情報テクノロジーと情報管理研究科

当研究科は情報テクノロジーと管理学を企業システムと応用、管理と決策科学、そして情報技術と応用といった三つのモジュールコースに分けています。テクノロジーの急速な発展の時代を迎え、政府の経済建設政策に基づき、研究開発の人材を育成することによって産業の国際競争力を上げます。

教育目標
情報テクノロジーと情報管理研究科は学校と情報学部の中長期発展目標に基づき、「社会へ関心をもつそして文化的素養と専業技能を備える人材を育てる、学術研究水準を上げる、産学交流と実務応用を強化する、教師の専門力を強める、学生の就職力を向上させる」ということを発展段階の中心目標としています。又、技職体系の特有な理論・実務研究・統合の教学法を通じて、「科学の心、人文の情懐、知識力と国際的視点」を兼ね備える優秀な情報研究開発人材を育成します。そして国内トップの情報専門研究科として発展していくことを希望しています。

 当研究科は情報テクノロジーと管理の人材を育てることを主な目標としています。研究領域は情報テクノロジー、計量計算、情報安全とデジタルコンテンツなどです。又、プログラミング能力に、企業構成、システム分析とケース管理の理念と合わせ、情報テクノロジーと管理の応用技術、理論と実務研究を整合して、産業特性を理解する人材を育成します。理論と実務を両立させ、業界の育成革新制度で多元化の実務研究チャンスを提供します。院生が実習することもできるし、教授とともに産学提携計画に参加することもできます。理論と実務の両立を目指します。

当研究科は情報テクノロジーと管理を以下のように分けています:

  1. 企業システムと応用コース:企業体内の情報補助システムの運営過程の成果と価値を研究します。例えば、企業E化、企業(プロセス)再生とEコマースです。
  2. 管理と決策科学コース:データベース、計量モデル、テクノロジー管理、情報安全、人工知能を統合できる研究開発人材を育てます。
  3. 情報テクノロジーと応用コース:情報テクノロジー課題、スマートシステムと、ソフト開発工程の理論と実務を重視します。

  当校は台北市内湖科学園区と南港ソフト園区に隣接して、園区が必要とする基礎情報技術員、情報管理人材を養成することを目標としています。そのため、課程の設計は情報テクノロジーを主とし、管理を従とすることを原則とします。

設備
当研究科には現在、教師研究室16室、専業研究実験室8室(商業知恵実験室、情報安全実験室、データベース実験室、マルチメディア実験室、移動商務実験室、思科インターネット実験室、RFID応用実験室と価値ソフト工程研究室)、院生研究室1室、研究科事務室1室、研究科長室1室が設置されています。(機器設備管理及び使用規則と実験室使用規則が制定されている。)当研究科の在学生が専属の空間と設備を利用して、教学、専門実務や産学研究を学んだ結果、実務研究の能力が向上し、当研究科の学術研究や教学発展には大きな寄与を果たしています。

将来の展望
当校は内湖科技園区、南港ソフト園区に隣接しています。園区は他の地区より情報産業エンジニアや管理の人材への需要も強くなっています。台湾の情報産業や就職市場には「高レベルの研究開発人材」のような技術者が必要になり、将来、修士以上の学位を持った人材はより強く求められるでしょう。

>情報学部

劉崑義 
E-Mail:tony@takming.edu.tw
TEL:+886-2-2658-580#2760

TEL: +886-2-2658-5801 No.56, Sec.1, Huanshan Rd., Neihu District,Taipei City, Taiwan 11451, R.O.C.
Copyright © 2011 Takming University of Science and Technology . All Rights Reserved.